--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホールハンデキャップの謎?

2005年12月16日 09:31

先日の「コースレートの再査定」の記事の中で・・・

ホームのDG倶楽部の最難関ホール「OUT7番」が、Hdcp1じゃなくてHdcp5になったのは不思議だなぁ~ と書いた事にkenさんから

 ホールのハンデキャップですが、必ずしも難しい順に決めるのではないそうです。
 比較的に長いホールや難しいホールは番号が若くなるみたいですが・・・・・
 kenのホームコースも 「なんでこのホールがHC18なの~?」
 ってなホールがありますが、雑誌を見てたらその旨の記事があり納得です。
 みんな勘違いしている人が多いみたいですね~!


とコメントを頂きました。こりゃ調べなくっちゃ!

kenさんの読んだ雑誌は判りませんので、とりあえずググってみると「ホールの難易度を表し、数字が小さいほど難しいホール」と、ほとんどのページで解説しておりました。

おおおお、勘違いしているのは私だけじゃなかったよ(笑)
で、少ない資料を私なりにまとめてみました。

 img200516.jpg

ご存知の通り、ゴルフの創世期はマッチプレーの競技であった為ルールなどもマッチプレーを基として考えられているようで個々の能力の差を埋めるべく、ハンデキャップが発生し活用されたのが、ホール・ハンデキャップでした。

OUTに、①③⑤⑦⑨⑪⑬⑮⑰の奇数番号が配置され
INに、②④⑥⑧⑩⑫⑭⑯⑱の偶数番号が配置されます。

ですので、実際には④のホールが①のホールよりも難易度が高い場合もありえます。

ここまではなんとなく知っていたのですが、ここからが本番で、ヤヤコシクなります。

マッチプレーで(以下ハンデの差が18以下の場合です)1打のハンデを付与するホールを決定するのに使いますが、単純に実際の難易度順にホールハンデを付けた場合ではスタート直後の1番2番と連続してハンデホールが発生したり、終盤のホールにかたまってしまう可能性があります。

マッチの勝敗が早く決まると、終盤だけにハンデホールあったら意味がなくなっちゃいますよね。

これを無くすために考えられた方法が・・・

18ホールを3ホールづつ6つのグループ(A~F)に区分してOUT・INそれぞれの中盤のグループ(BとE)に①と②を配し次に前盤ののグループ(AとD)には③と④を配して次に終盤のグループ(CとF)に⑤と⑥・・・・・と順次繰り返して

Aグループ(1,2,3 ホール)に ③ ⑨ ⑮
Bグループ(4,5,6 ホール)に ① ⑦ ⑬
Cグループ(7,8,9 ホール)に ⑤ ⑪ ⑰

Dグループ(10,11,12 ホール)に ④ ⑩ ⑯
Eグループ(13,14,15 ホール)に ② ⑧ ⑭
Fグループ(16,17,18 ホール)に ⑥ ⑫ ⑱

上記のように、それぞれのグループに配置をしてから各グループ毎に、難易度の高いホールに小さい数字を当て
再調整した後、各ホールのハンデキャップが決定されます。

実例として、ホームのDG倶楽部ではコースレート再査定後に下記の通りになりました。
 img20051216.gif

例えば、ハンデ5 VS ハンデ9 の対戦(マッチプレー)ではハンデを付与する対象ホールは、1番、4番、12番、14番(A・B・D・Eのグループで各1ホール)の4ホールとなります。

ハンデ10 VS ハンデ18 の対戦の場合は、同様に1番、4番、5番、7番、12番、13番、14番、18番(A・C・D・Fのグループで各1ホール、B・Eのグループで各2ホール)となり、ハンデホールが発生するバランスが良くなるという設定です。

ホームコースのDG倶楽部の月例では、一年に一度だけ「アゲンスト・パー方式」の競技も開催され、採用しています。
これは、自分の持ちハンデの3/4に相当する数のホールに1打を加えて(ハンデ12のプレーヤーなら①~⑨のホール)パーを設定し、そのパーに対しての勝ち負けを計算していく競技方法です。

つまり、自分の技量(ハンデキャップ)に見合ったパーおじさんとマッチプレーをするってことなんでしょうか。

長々と書いてしまい、判りにくいかと思いますが、要するにハンデ対象ホールを、バランス良く配置する為の番号付けで実際の難易度とは必ずしも一致していないって事のようです。

ググって見つけられたページが、非常に少なかったのでもしかしたら間違った解釈をしているかもしれません(苦笑)


この話は「うんちくのネタ」になりますか?

それとも「トりビア」(役に立たないムダ知識)でしょうか?


さぁ、何へぇ~ ですか? (やっぱりトリビアかよ!)

        img20051216_1.jpg


【GDO時代に、検索で訪問して頂いたPVが一番多かった記事です】


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://koba5884443.blog102.fc2.com/tb.php/8-cd94f610
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。