--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/10/10 アクアラインゴルフクラブ

2011年10月11日 07:26

3連休の最終日、千葉の アクアラインゴルフクラブ へ行ってきました。

木更津方面のコースで、東京湾アクアラインを使うと自宅からは逆方向で、遠回りのようなイメージがあって、あまり使わなかったのですが、コース名がそのまんまですから・・・いってみヨーカドー(?)

いつものように早めに出発したので、時間調整を兼ねて海ほたるで朝食です。

aqua 1

さよなら勝ちの余韻に浸って、の~んびりと海を眺めながら飲むコーヒーは旨いっすね(笑)



ちょっとどんよりとした空模様の下、OUTコースからスタート。
おとなしく白ティからのラウンドです。


aqua 2

aqua 3

aqua 4


途中から天候も良くなって、ちょっと汗ばむほどの陽気になりました。


11番のPar3、この日は175yでしたが本来なら白ティで215yもある長いショートホールですが、グリーンへの入り口が絞られてます。
aqua 5

aqua 6


12番ホール、ティショットが谷越えなのにこの狭さです。↓
aqua 7

13番ホールPar5、ちょっと広く感じますが引っ掛けると谷底へサヨナラ~です。
aqua 8

aqua 9


17番ホールは短いPar4ですが、グリーン手前は池とバンカーがガードしてます。
aqua 10

aqua 11
ビーチバンカーのように見えますが、水際がちょっと深いのでウォーターショットは勇気が必要かな?(笑)

最終18番ホールは白からでも421yと距離がある上に、左サイドがグリーン手前までずーっと池が続く難儀なPar4です。↓
aqua 12


そんなこんなで・・・

 OUT  △-□-△△-△□  44
 I_N  △-□-△△□△△  45
 TOTAL  89

スコアカードでは白ティが6,500y超の設定となっていますが、かなり前目になっていたので、実際は6,200yくらいだったかもしれません。
そのお陰でなんとか誤魔化せたようなもんで、全体的にはしまらない内容のラウンドでした。


アクアラインゴルフクラブ(旧CCザ・ファースト)のコース紹介では・・・
戦略性の高い変化に富んだ記憶に残る丘陵コース。日本を代表するコース設計家 加藤俊輔氏による自然をそのまま生かした挑戦意欲をかきたてるテクニカルな18ホール。
あまり設計者に対するコダワリはないけど、大好きな太平洋益子コース等を設計している加藤さんですから、期待はしていました。

コース全体のアップダウンは適度にあり、狭いフェアウェイは畝ってブラインドホールが多く、気楽に打てるホールは殆どありません。
実際には見た目ほど狭くは無いので、しっかりと運んでいけばトラブルも防げますが、そう上手く行くわけもなく(苦笑)
同伴者も、面白いという人もいれば、まるで栃木IC付近のゴルフ場みたいだと嫌がる人もいて、GDOやGORAのクチコミでも評価が分かれているのが判る気がします。

アンジュレーションの大きなグリーンもあれば、フラットなグリーンもあってバリエーション豊かですが、今年のこの時期にしてはコンディションはイマイチでした。
写真はキレイな所しか撮ってませんが、一部のティーグラウンドが人工芝(マットではないので違和感はありませんが)になっているなど、コースメンテナンスはギリギリのラインです。
それを除けば、またプレーしたいと思える面白いコースでした。


冒頭で遠回りとか書きましたが、実際には館山道経由より走行距離も短くて、渋滞がなければ50分も掛からないので、木更津ってこんなに近いの?ってびっくりしたくらいです。
でも、今はアクアラインの通行料金が800円だからいいけど、本来の3000円だったらいくら便利でも使えませんね。


帰路は少々渋滞にハマリました。

aqua 13

暮れかけた空を、カモメが悠然と飛んでいました。






スポンサーサイト


コメント

  1. わん子 | URL | -

    戦略性

    なんか難しそうなコースですね
    正に戦略性がぴったりv-224
    そんな中80台は流石です。

  2. ともじー | URL | -

    お疲れ様でした、、、

    ティーグランドが人工芝ってショートコースみたいですね、、、
    嫌らしいコースで80台はさすがドSのcobaさんらしいですね(笑)

  3. kobaから わん子さんへ | URL | dMtXu4sA

    RE:戦略性

    はい、良く言えば戦略性の高いコースです。
    でも、自分の嫌いな不条理なトリッキーさはありません。

    漫然と真っ直ぐ打っておけばOKではないので
    プレッシャーもありますが、面白いコースでした。

  4. kobaから ともじーさんへ | URL | dMtXu4sA

    だから・・・

    人工芝だけどマットじゃないから違和感はないって書いてるじゃん
    ショートコースのマットと勘違いされると思って書いたんだけどな~(苦笑)

    天然芝と長さとか硬さは大差ないので、支障はありません。
    でも、ちょっと寂しい気分にはなりますけど(笑)

    ちなみに、ドSじゃなくてノーマルでございます。

  5. 大叩き男 | URL | mleBNrx.

    K氏設計のコースは、地形が良い所では評判が良く、地形が厳しい所ではメタクソです。、自分の設計したどんなコースでも何はともあれ面白さとフェアさを残す、ジャック・ニクラスとは大違いです。

  6. kobaから 大叩き男さんへ | URL | dMtXu4sA

    K氏

    イニシャルにしても本文に書いちゃってますから(笑)

    はい、ですからどっちかな?って楽しみにしてました。
    「自然をそのまま生かした」と言えば聞こえが良いですが
    地形によっては、大規模に造成したら予算がいくらあっても足りない
    なんてコトになりますから、やりくり上手とも言える
    クライアントには都合の良い設計家だと言われてますね。

    実際には、太平洋の益子・御殿場・江南、瀬戸内海GC、相模、
    片山津など素晴らしいコースも沢山ありますけど・・・
    同じ設計家のコースですか?ってびっくりするようなコースもありますね。

    本文やコメントにティーグラウンドの人工芝の件も書きましたが、
    昔のように潤沢にメンテ予算があれば別ですけど
    アコの少ない予算では整備が追いつかないのでしょうか
    それより、地形(陽当たりと風通し)の影響が一番大きいと思います。
    ティを作ってはいけない場所にあるというコトの現れだと思います。

  7. 彦十 | URL | -

    ご苦労さま

    コースの好き嫌いは食べ物の好き嫌いと一緒ですね・・・

    俊輔さんですか・・・賛否両論ありますねぇ。

    私は連休に三重にある、菰野倶楽部J・二クラスコースで
    ジャック叔父さんと対話を楽しんできました。




  8. kobaから 彦十さんへ | URL | dMtXu4sA

    俊輔さんと二クラス

    いらっしゃいまし。

    えーっと、彦さんも好き嫌いが激しいタイプでしたよね~
    ブリス○ルヒルとか・・・(笑)

    たしかにジャック・ニクラスの設計コースは評判が良いです。
    例えば、岩舟をニクラスが設計したらどんなコースが出来るか?
    全く想像できません。と言うより、引き受けませんよね(笑)

    バブル期はゴルフ場に向いてない地形でも造りまくってましたからね
    設計者を責めちゃ可哀想かもしれません

  9. 彦十 | URL | -

    ブリス○と岩舟GC・・・

    ブリス○から頻繁にお誘いのメールが来ますが、
    どうも、足があちらに向かないので遠慮させていただいています。

    岩舟を二クラスの設計ですか・・・

    練習場は何処に造るのかなぁ・・・

    そして、ダイナミックな???18番ホールは
    どんなホールにするのか・・・叔父さんに聞いてみたいですね・・・

    次回は誰の設計のコースに行きましょうか。
    私が好きな設計家の一人、小林光昭さんのコースにでも・・・

  10. やきそばパンZ | URL | bVX2PU2o


    こんにちは。

    このビーチバンカー、どうせなら逆向きに作って右利きからのウォーターショットのチャンスを増やして欲しいですねぇ。

  11. kobaから 彦十さんへ | URL | dMtXu4sA

    叔父さんと小林さん

    ブリス○ルヒルにリベンジしなくて良いんですか?
    なにやら改修しているようですけど(笑)

    叔父さんを岩舟に連れてって、
    そんな質問したら怒られますよ(笑)

    小林光昭さん、良いですね。
    千葉カンとか浜野とか紫すみれとか、行ってみたいです。
    来月、小林さん設計のキングフィールズGCに行く予定でしたが
    中止になりました。残念です・・・
    とりあえず、手ごろな方にしますか?(笑)

  12. kobaから やきそばパンZさんへ | URL | dMtXu4sA

    ビーチバンカー

    こんにちは。

    そうですね、池を避けて右の狭い花道を狙った時に
    ありえそうなsituationですけど、右利きだとtryできませんよね。

    実際には水際の砂が侵食されていて、ちょっと深いのでお薦めしませんけど(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://koba5884443.blog102.fc2.com/tb.php/200-351b804c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。