--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラファイトデザイン

2005年12月21日 17:16

株価が全面高で日経平均が5年2か月振りに一時16,000円に回復。
ここらで株でもやってみようかと考えた方もいるんではないでしょうか?
んで、このニュースを無理やりゴルフに結び付けてみます。

img20051221.jpg


ツアーADなどのヒット商品を出しているカーボンシャフトのメーカー「グラファイトデザイン」は、ゴルファーなら誰でも知っていますよね。

株式会社グラファイトデザイン(証券コード 7847) は、2001年12月19日JASDAQ店頭上場(2004年12月 ジャスダック証券取引所上場 )しました。

初値は、¥550,000。
ちょうど4年後の2005年12月19日の最高値は¥187,000をつけ、上場来の高値を更新しました。(今日21日の終値は¥180,000)

あら~ずいぶんと下がってるんじゃないの?と思われる方もいらしゃるでしょうが、GDは2002年6月に2分割、
2004年8月に3分割、2005年8月に2分割と株式分割を行っています。
つまり、上場以来12分割をしているので、株数が12倍になっていると言う事です。
逆に言えば、1株当りに換算すると、初値の55万で買った人は現在180,000÷(550,000/12)≒3.93 
おおよそ、4倍近くになっている計算になります。

IT関連企業で株価が何十倍にもなっているのも珍しくはないので、ビックリする事もないでしょうけど・・・

まぁ、何も知らない企業の株を買うより、自分の愛用クラブに使われている会社の株って面白いと思いませんか?

ゴルフをやらない人なら、何かのデザインをやっている会社か?と思うでしょうし、株屋(証券会社)のオッサンより我々ゴルファーの方がGDについては詳しい人もいるかもしれません。

みなさんもキャロウェイやブリヂストンのHPは見ますよね?株式を上場している会社のHPには、必ず「IR」あるいは「投資者情報」というページがありますが知っていますか?
もちろんGDのHPにも「IR」のページはあります。暇だったらちょっと覗いてみて下さい。結構楽しめるかもしれませんよ。

例えば・・・
グラファイトデザインの会社名の由来は・・・炭素のことを日本及びヨーロッパでは、カーボンと呼び、米国ではグラファイトと呼びますが、設立当初より米国(世界)進出を視野に入れていたので、米国で通用するグラファイトを社名に採用したそうです。

創業時からキャロウェイとの取引は大きかった。(もちろんOEM供給でありましたが、JVではGBBⅡあたりからGDシャフトに対するユーザーの認知度がアップした事で、GDのブランドロゴ入りになりましたね)

GDはゴルフクラブのシャフトだけでなく、アイスホッケーのスティックも製造している。(今年はNHLストの影響で売上大幅減だそうです)

日本のカーボンシャフトのシェア(シャフト専業メーカー2005年予測)は、1位三菱レイヨン42%、2位フジクラ23%、3位GD16%、4位マミヤ13%(三菱レイヨンが予想以上に大きいのと、GDとマミヤって大差ないのにはちょっとびっくり)

10年前に大ヒットしたオジサンぶっ飛びドライバー「S-YARD」のシャフトはGDが供給していた。

などなど・・・他に「目論見書」や「事業報告書」なんかもじっくり見ると面白いかもしれません。
これらは、GDがプレスリリース等で開示している事柄で、誰にでも入手できる情報です。
もちろん株価はこの先どうなるかわかりませんが、長期保有するつもりなら楽しめるんじゃないでしょうか。

配当金もあるし、株主優待も新設して、今期末は丸山茂樹の特製カレンダーをくれるらしいですよ。
それから~私は証券会社勤務でも、特に株に詳しいわけでもありません。
無責任に書いていますので、そこんとこよろしく大目に見てやってください。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://koba5884443.blog102.fc2.com/tb.php/177-1119ce45
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。