--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコアカードを斜めから見ると

2010年05月05日 11:21

石川遼クンが「中日クラウンズ」最終日に成し遂げた快挙は、世界6大ツアーでの世界最小ストロークを更新する 58

なんじゃそれ?ってカンジですが・・・それの記事を見た時に と思ったコトが2つ

fas1.jpg

それがコレ↓
fas2.jpg

ハーフのトータルスコアを記入する欄がベタ塗りしてあり、下にわざわざ別にマスを作ってあります・・・

なんでやろ?と思ったのですけど

最小スコアがあれば、最多スコアもあるわけで・・・ツアーの1ホールの最多スコアは、鈴木規夫が1987年に出した42。
これは9番の欄にアウトの合計スコアを誤記したのが原因ですが、プロがハーフ42も叩いたら、頭が真っ白だったんでしょうね。

もしかして、こんなミスをしないようにするための工夫なのか?


それから、もう1つはコレ↓
fas3.jpg

マーカーの署名欄ですが、当日遼クンのマーカーはプラヤド・マークセン選手でした。

で、サインが P.m- だけしか書いてない

いいのか?

Prayad marksaeng とまでとは言わないけど、イニシャルだけのサインてアリなのか?


まぁ、スコアカードなんて、ミスと反省しか見えてこないけど・・・

たまには、自分のスコアカードもこんな笑顔で見たいもんだ(笑)



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://koba5884443.blog102.fc2.com/tb.php/155-13a22976
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。