--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/11/3 ブリストルヒルGC

2010年11月03日 16:50

千葉県富津にある ブリストルヒル ゴルフクラブ へ行ってきました。

彦十さんとスザクさんに誘って頂きましたが、聞いたことのないコース。遼君が出たTV番組の会場になって、ちょっと話題になったらしいです。

とりあえず、どんなコースじゃい?とHPを見たら↓
img20101103.jpg

おおおっ!スゲー綺麗じゃん!タノシミ~

で、ワクワクしながら出発しようとしたら、カーナビに出ない?
あらら、どーしよ・・・まぁ、なんとかなるべー(笑)
HPで見た地図の記憶だけを頼りに(印刷したけど忘れた)行きましたが、道路に案内看板もなく、あたふたしながら到着。

↓入り口に着くと、自動でゲートがウィ~ンと開きます(笑)
img20101103_1.jpg

img20101103_11.jpg

img20101103_12.jpg 

img20101103_13.jpg

ポカポカ陽気の絶好のゴルフ日和で、INからスタート。 ・
    ・
    ・
    ・
あれ?なに?話が違うじゃん!!!

フェアウェイを外すと、ヘビーなラフに入ってタイヘンです。
ラフと言うよりブッシュで、運が良ければ見つかります(笑)
ほぼ全ホールの両サイドは、黄杭のワンペナと、水がないのに赤杭があるのは進行の為でしょうか?
まぁ、曲げるほうが悪いから仕方ないか・・・と、大人の対応をしながら(笑)

グリーンはソコソコ早くて、状態も良かったけど、ブラインドも多く、フェアウェイがブツッと途切れていたりで、温厚な重鎮がプチッと切れ掛かってますけど(爆)

クラブハウスは、シンプルでカジュアルな雰囲気です。
ランチも創作イタリアン?で、味もマズマズでしょうか?

img20101103_2.jpg

カキフライを食べながら、重鎮は怒りが治まらないのか
「こんなコースを設計したヤツ呼んで来い!説教してやる 」と・・・
設計者は、ロドニー・ライトって外人さんなので、いないと思います(笑)

話が違うじゃん!と書きましたが・・・一応、GDOのプレーヤーコメントを見てたので、とりあえず覚悟はしてました(笑)
でも、まさか~大袈裟じゃねーの?って思ってましたが、これほどとは・・・

午後のOUTコースは、少しゴルフらしくはなりました(笑)

img20101103_3.jpg 

img20101103_31.jpg

img20101103_32.jpg 

img20101103_33.jpg

そんなこんなで・・・

 I N   △△△+5-□△□-  50 (Par37)
 OUT  □-□△△○-△-  41 (Par35) 
 TOTAL   91

6番のバーディは、2ndを赤杭の中から打ちました(笑)

クラブハウスから見ると、最終ホールは綺麗に見えますね↓
img20101103_4.jpg 
フェアウェイフロントのレジデンスを持つプライベートコース。
ロドニー・ライトの設計は自然をいかした戦略的なコースになっていて何度ラウンドしても飽きない。
プライベートコースとしてクローズするまでの期間、ゲートオープン・ピリオドとして、マナー&エチケットを大切にした自由なプレースタイルを目指す。
2人乗りカートによるフェアウェイ乗り入れ、時間を気にしないラウンドを実現するためのパスによる進行など画期的な取り組みをを行なっている。


と、掲げているコンセプトは、立派でごもっともです。
別荘のオーナーだけがプレーするのならどんなにトリッキーであっても、知ったこっちゃないけど、クローズまでの間はビジターを入れて営業をするならば、それも、安くはないプレーフィを取るのであれば、コースコンディションやホールレイアウトだけでなく、ゲストに優しくない運営方法には、疑問が残ります。
ゴルフ場の中には、別荘が建築途中を含めて10棟ほど建ってましたが、この先完全なプライベートコースになるほど売れるのか心配になりますね~(余計なお世話?)

二度と行かないと決めたコースが、3つ目になっちゃいましたけど(笑)
楽しくないゴルフ場って、ありえないでしょ(爆)

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。